できるだけ光が当たりやすいスポットを探索

太陽光発電システムが電力を生み出すためには、太陽光が発電パネルに当たっていることが条件です。そのため、太陽光発電パネルの設置場所の選定が重要になります。住宅であれば屋根が一般的であるものの、例えばガレージや倉庫の屋上でも太陽光パネルの設置が可能ですね。できるだけ太陽光を受けやすい場所を厳選して設置する必要があるでしょう。そのため敷地内でどの場所が一番光が当たりやすいのか、一日を通して観察し確認すればベストポジションが良く分かります。

季節によって変わる太陽光発電の発電量

太陽光発電システムによる発電量は、季節によっても左右されます。太陽の光は、一年を通して一定量を地上に照射されているわけではありません。季節によって光の寮に違いが生じるため、その変化が発電量にも影響するのです。例えば雲が多い雨季の季節には、雲が空を覆って太陽光を遮るため発電量が低下してしまいます。また冬の季節にも太陽の日差しが弱まり、発電量は下がる傾向にありますね。地域によって一年の発電量が異なるため、あらかじめ調べておくことが勧められます。

発電量の変化は機器トラブルが原因の場合もあり

発電システムが生み出す電力量の低下が確認できるようなら、機器のトラブルが影響している可能性も想定しなければならないでしょう。周辺環境の変化が原因と考えられない場合、機器が電力量低下をもたらしている可能性があります。太陽光パネルの表面に砂埃が溜まっていると、太陽の光をうまく受けられなくなります。また発電量が低下している原因が、発電パネルや他のモジュールの故障の原因もあり点検した方が無難ですね。メンテナンスを怠らずに継続していると、安定した発電状況が整えられるでしょう。

太陽光発電の価格はメーカーによって大きく変わるので比較をしながら発電量や保証を確かめるようにしましょう。