直営店と代理店の比率は業種により異なります

フランチャイズ店を募集している業種は代理店運営が多いことで知られています。コンビニエンスストアチェーンは最も小規模な代理店が多数存在する業種です。損害保険業についても代理店の比率が多いわけですが、特徴として全国に万遍無く小規模な店舗展開が行われているジャンルでは、代理店方式が積極的に活用されている傾向があります。一方で、ホームセンターを始めとした店舗規模が大きな業種ほど直営店が多いわけですが、見た目で見分けるのは難しいものです。

携帯電話のキャリアショップは代理店がほとんどです

1つの店舗内で複数の携帯電話会社の端末を販売している併売店は、代理店と誰が見ても分かります。しかし、大手携帯電話電話会社の看板を掲げた携帯キャリアショップのほとんどが代理店ということは知らずに直営店と思って利用している人が多いですよね。直営店のような振る舞いで運営出来る代理店については、継続率が高くなることと自社で運営方針を決める必要が無いために日々の業務に集中するだけで済みます。営業ノウハウを含めた指導が受けられるからこそ継続出来る方式ということでしょう。

直営店と思われる代理店ほど運営はしやすい

直営店と思われて運営する代理店では、宣伝について法務問題を大元の会社に確認した上で展開出来ます。このため、中小企業や個人経営であっても参入しやすくなり、直営店へ販売ノウハウを吸収するための研修を受けに行きやすい環境にあります。別事業を1から立ち上げる場合にかかる市場調査や運営ノウハウ確立にかかるコストを徹底して削減出来る点からも、消費者から直営店と思われる代理店ほど運営しやすいでしょう。代理店契約の解消部分にのみ気をつければ運営を開始しやすいのです。

代理店の募集は、昔は新聞や雑誌でしたが、現在ではインターネットでがほとんどです。ネットだと時間的にもコスト的にも的確だからです。