倉庫とはどんな時に利用するものか

倉庫はものや書類を保存、もしくは収納しておくためのもので、日本では蔵などが倉庫代わりに利用されてきました。また、物置や納屋と言ったものもその倉庫に含まれます。最近では納屋などを改装して、職場として使ったりする人もいるなど倉庫には多種多様な使い方が有ります。現在では倉庫業と呼ばれる業者が登場し、自社の倉庫に他人の物品を保存してくれるサービスも登場していますし、レンタル倉庫サービスと言った便利なサービスも出ています。

輸出入業者には倉庫は欠かせない

特に海外から大量の品物を輸出入する業者にとってはその倉庫は欠かせないものとなっています。コンテナ船で運ばれたコンテナから荷物を出して、それを日本全国に配送するにしても、まず最初に倉庫に一旦ものが集められる事も多いです。荷物を置くスペースがないからとそこら辺に放置していては、それは法律違反になってしまいますので、ものを保管する時にはそんな倉庫が無くては始まりません。また、倉庫にも種類があり、冷凍や冷蔵状態で保管できる便利な倉庫も有ります。

倉庫はレンタルするのがお勧め

これから倉庫を用意する必要がある方は、レンタルサービスを利用するのがお勧めです。倉庫を用意する場合には土地も必要ですし、倉庫の建物自体を建設する必要が有ります。それだけで時間もお金もかなりかかってしまいます。しかし、倉庫のレンタルサービスならば、低料金で広いスペースを借りることが出来ますし、保管できる期間も非常に長くなってきます。直ぐに倉庫が必要ならば、レンタルスペース・トランクルームと言った貸し倉庫サービスを使うと良いですよ。

3PLとは、サード・パーティ・ロジスティクスの略です。荷主に対して荷物の請負だけをするような従来のアウトソーシングとは違い、受発注の管理や荷受するまでの流れの改革、先方への納品までの包括的な業務を行う